今夏の甲子園で初出場ながら4強入りの大健闘を見せた京都国際前橋育英二松学舎大附敦賀気比といった強豪校を接戦で下した戦いぶりは見事だった。

 前身の京都韓国学園に野球部ができたのは1999年。この年の夏に公式戦初出場したが、前年夏の甲子園準優勝校である京都成章に0対34の5回コールド負け。その時の京都成章の二塁手が当時1年生の小牧憲継監督だったのも、何かの縁だったのかもしれない。

 小牧監督は関大を卒業後、知人の依頼で京都国際の指導に携わるようになり、2008年から監督に就任。就任当初から目指してきたのが、上のステージで活躍できる選手の育成だ。目先の勝利を追うのではなく、選手の持っているエンジンを大きくすることに主眼を置いた指導を行ってきた。

 その結果、曽根 海成(広島)や清水 陸哉(元ソフトバンク)といった選手がプロの世界に羽ばたき、育成力の高さを示した。それに従い、中学野球の関係者からも高い信頼を得られるようになり、有望選手が続々と入部。その中で選手の間で勝ちたいという気持ちが次第に強くなり、育成と勝利の両立を追い求めるようになった。

 甲子園に大きく近づいたのが、上野 響平(日本ハム)が主将を務めた2019年。前年秋には近畿大会に出場し、春の府大会を制した。夏の府大会も決勝まで勝ち進み、8回表までリードを奪っていたが、立命館宇治にサヨナラ負けを喫して、甲子園初出場とはならなかった。

 早 真之介(ソフトバンク)と釣 寿生(オリックス)が最上級生となった2019年秋も9回表に5点差を逆転されて、府大会準々決勝敗退。2020年の夏はコロナ禍で甲子園大会が中止と甲子園への道のりは近いようで遠かった。

 プロ野球選手を輩出した過去2年と違って、今年のチームは個々の能力はさほど高くないと小牧監督は感じていた。それでも秋の府大会を3位で通過すると、近畿大会でも接戦を粘り強く勝ち抜いて4強入り。今春に甲子園初出場を決めた。

 センバツでは1回戦で延長10回の末に柴田を下して、甲子園初勝利を飾る。しかし、2回戦の東海大菅生戦は1点リードの9回二死満塁から逆転打を打たれてサヨナラ負け。8強入りとはならなかった。